六郷土手グラウンド 大田区

「六郷土手グラウンド」にご注意を!

京急本線「六郷土手」駅を利用する人が「六郷土手」「六郷」という言い方をすることがあり、たいていの場合は「多摩川緑地野球場」を指して言っているようですが、間違いのもとです。

駅近くに「多摩川緑地野球場」と「六郷橋緑地野球場」のふたつがあり、これらは違うのだと、正しく覚えましょう。鉄橋の上流が「多摩川緑地」で、下流が「六郷橋緑地」と覚えると良いかもしれません。電車で行く人なら改札を出て左へ向かうのが「多摩川緑地」、右へ向かうのが「六郷橋緑地」です。

管理人の苦い思い出をご紹介します。対戦相手をネットで募集していたチームに応募、グラウンド名が「六郷」となっていたので、「多摩川緑地ですか?六郷橋緑地ですか?」と聞いたところ、「六郷」との返答でしたので、「六郷橋緑地」に行ったのですが、実は多摩川緑地だったということがありました。こちらは相手の来ないグラウンドで待ちぼうけ。多摩川緑地に行った相手チームは、現地で試合を終えた別のチームをナンパして、試合をしたようです。

草野球経験の浅いチームの方、対戦相手が遠方から来る場合などは、ご注意ください。

全然違う場所、田園調布にも「多摩川緑地広場」というグラウンドがあります。こちらはあまりポピュラーではなく、大田区の多摩川緑地と間違えることはあまりないと思われますが、「田園調布の多摩川緑地」と覚えておくと良いかもしれません。

Related posts